» campana

RSS Feed Subscribe to RSS Feed

カホン(Cajón)は、ペルー発祥の打楽器です。 もともとはペルーの民族音楽で使われていましたたが、70年代にフラメンコなどで使われるようになり、現在ではフラメンコの重要な伴奏楽器のひとつです。 また、ドラムセットに近い音が出せるため 最近ではストリートミュージックでもよく使われています。楽器に座り、打面の中央を叩くと低音、端の方を叩くと高音が出ます。これを組み合わせてリズムを作り出します。打面の裏側には響き線が装着されており、これが反応して特徴的なバズ音を出します。

世界初!! Campana Cajon

2009060403 

campana1

 

 世界初の光るカホン!Campana!! 只今ライブで輝いております

しばらくの間 在庫切れでご迷惑をおかけしました。

カラー2色 (クリアー)、(ベンガラ)在庫あり

ご注文・お問い合わせはメールフォームよりお願いいたします。

 

 top03

 

 

CampanaTree (カンパーナトゥリー)では木の温もり、自然の安らぎを感じさせる そんなカホンを製作しています。

プロ演奏家のライブを始め 趣味の演奏でも私達の作るカホンがオーディエンスは元より演奏者も一体となって幸せな気持ちになれたら幸いです。

 

 

→ Campana Cajon

 

 

 

top021

福井市内 PLAYERS FIELD 「KAIEN」にて

Comments are closed.