RSS Feed Subscribe to RSS Feed

カホン(Cajón)は、ペルー発祥の打楽器です。 もともとはペルーの民族音楽で使われていましたたが、70年代にフラメンコなどで使われるようになり、現在ではフラメンコの重要な伴奏楽器のひとつです。 また、ドラムセットに近い音が出せるため 最近ではストリートミュージックでもよく使われています。楽器に座り、打面の中央を叩くと低音、端の方を叩くと高音が出ます。これを組み合わせてリズムを作り出します。打面の裏側には響き線が装着されており、これが反応して特徴的なバズ音を出します。

音楽の交差点

4月29日祝日に音楽と文化・物産そして人の交流のイベント

 “音楽の交差点Vol.1 inあわら” が開催されます。

当日は Campana Tree  もワークショップとして協力し

Campanaカホンの展示と簡単なカホンの演奏も体験して

いただけます。

是非お立ち寄りください。

  • 日 時 4月29日(祝日)
  • 場 所 あわら市 セントピアあわら野外ステージ及び館内
  • 主 催 音泉組
  • 協 賛 財団法人 セントピア芦原

topic01

Comments are closed.