RSS Feed Subscribe to RSS Feed

カホン(Cajón)は、ペルー発祥の打楽器です。 もともとはペルーの民族音楽で使われていましたたが、70年代にフラメンコなどで使われるようになり、現在ではフラメンコの重要な伴奏楽器のひとつです。 また、ドラムセットに近い音が出せるため 最近ではストリートミュージックでもよく使われています。楽器に座り、打面の中央を叩くと低音、端の方を叩くと高音が出ます。これを組み合わせてリズムを作り出します。打面の裏側には響き線が装着されており、これが反応して特徴的なバズ音を出します。

29日CampanaTree協力 (県民福井記事)

4月29日に行われる『音楽の交差点』の新聞記事です。

CampanaTreeではたくさんのお客様に楽しんでいただけるようイベントにCampanaカホンを提供させていただきます。

カホンのワークショップも行いますので是非ご参加ください。img017

Leave a Comment