RSS Feed Subscribe to RSS Feed

カホン(Cajón)は、ペルー発祥の打楽器です。 もともとはペルーの民族音楽で使われていましたたが、70年代にフラメンコなどで使われるようになり、現在ではフラメンコの重要な伴奏楽器のひとつです。 また、ドラムセットに近い音が出せるため 最近ではストリートミュージックでもよく使われています。楽器に座り、打面の中央を叩くと低音、端の方を叩くと高音が出ます。これを組み合わせてリズムを作り出します。打面の裏側には響き線が装着されており、これが反応して特徴的なバズ音を出します。

ラジオ出演してきました

2

FBCラジオ「エコーメイト」出演してきましたよ~!

カンパーナカホンの紹介で出演しました。パーソナリティはケイさんというお姉さん。
場所は企画者青柳さんのお店、手作りベーカリー「シャトー」です。 

おいしそうなパンの前で演奏したので
かなり音が迷ってます(笑)パンに手が届きそうで
届かないという。兄のソロ中に食べてしまいそうになりました(笑)

(右からトモスケ、トモヤ、青柳淳一さん、ケイさん)

by トモスケ

Reader's Comments

  1. hirosan | 3 月 25th, 2009 at 9:05 PM

    打ち合わせの真っ最中にしかと聴かせていただきました♪
    ホントはパンの影から応援したかったです(^^;)

  2. 古室小唄郎 | 4 月 8th, 2009 at 7:22 PM

    今朝のFM福井拝聴しました。感動しました。
    セントピアあわらも行きたいと思います。
    当日出演のS-Catさん達も良く知ってますよ。

    私は、押尾コータローをコピーして遊んでいるのですが、是非セッションお願いします。

  3. jao | 4 月 8th, 2009 at 8:20 PM

    古室小唄郎様
    ラジオを聞いていただきありがとうございました
    セントピアあわらさんにて行われる『音楽の交差点』は私が実行委員長をしております。今回ははじめての試みですがいらしてくださったお客様に楽しんでいただけるよう頑張ります。
    当日CampanaCajonも準備しますので是非叩いてみてください。

    セッション楽しいですね。音泉組のメンバーも心よりお待ちしております

    jao

Leave a Comment