RSS Feed Subscribe to RSS Feed

カホン(Cajón)は、ペルー発祥の打楽器です。 もともとはペルーの民族音楽で使われていましたたが、70年代にフラメンコなどで使われるようになり、現在ではフラメンコの重要な伴奏楽器のひとつです。 また、ドラムセットに近い音が出せるため 最近ではストリートミュージックでもよく使われています。楽器に座り、打面の中央を叩くと低音、端の方を叩くと高音が出ます。これを組み合わせてリズムを作り出します。打面の裏側には響き線が装着されており、これが反応して特徴的なバズ音を出します。

JCI ASPAC JAPANに出演  長野 Mウェーブ

青年会議所のアジア太平洋会議が長野市Mウェーブにて行われました。

我々、カンパーナはウェルカム北信越ナイトに福井を代表してアピール

させていただきました。

 

北信越Night

 地域文化を象徴する食材やアトラクションを通じて賑やかな祭りのような

 雰囲気の中、北陸信越の心、北陸信越の力を、おもてなしの心をもって

 伝えていきたいと考えます。

 そして、海外からの多数の登録者だけでなく、ご参加いただく一般の

 地域住民と、北陸信越地区との「和」を創出していきます。

 また、愛に満ち溢れた設営をすることにより、北陸信越から世界平和を

 発信していきます。

JCメンバー/3,000名 一般/500名

 Mウェーブは長野オリンピックスケート会場です。

 会場の大きさと国内は基よりアジア・オセアニアから沢山の来場者に圧倒

 されそうでした。

 北信越(福井・石川・富山・新潟・長野)の5県がお国自慢の伝統文化や

 芸能を披露し トップバッターの福井は越前若狭の観光パネルをバックに

 『Carimelo Music Pool』の演奏!

 30分間の福井をテーマとした曲のオンパレード。

 会場のお客様にも光るカホンが新鮮に感じられたのか予想以上の反響でした。

 演奏後はパーティに参加する予定がCampanaへの沢山の問い合わせに

 我々スタッフはてんてこ舞いでした。

 

使用楽器 Campana2台をメインに車に詰めるだけの打楽器を詰め込みました。

2009060402

2009060401

Tags: